Silurus asotus

なぜ今「なまず」なのか?

近年、世界で食べられている養殖なまずは、278万トン(2008年)で種類としては、バンガシュウス属、アメリカナマズとマナマズで約200万トンを生産されています。約10年で5.1倍の増加です。
高タンパクで低脂肪、低コレステロールでもあり、コレステロール低減作用を持つ脂肪酸や多価不飽和脂肪酸の含有量も多い魚です。また、肝機能を高めたり、視力を保つのを改善する作用、その他、高血圧や動脈硬化を防ぐのに役立つと考えられています。含有される成分には、DHAやEPA、ビタミンD・Eなどが多く含まれています。
近年、日本では養殖用のウナギの稚魚が減少し、値段が高騰してきたため、ウナギに代わるものとして、なまずが注目されています。

人工孵化で稚魚からの完全養殖が実現。うなぎより生育期間も短く、大きく育つ!

孵化から出荷までのサイクルがうなぎのそれより早いという事は、それだけ多く市場へ供給できるという事。流通が多ければ価格が下がるということ。